SPGアメックスを持てばゴールドエリートに!39000ポイントもらえるお得な入会はコチラ

【リゾートワールドマニラ】カジノの始め方【オカダマニラ】

リゾートワールドマニラ カジノマニラ

今回はフィリピンの首都マニラでのカジノの始め方・遊び方をレビューします。

マニラに来たからにはカジノで遊んでみようと、
まずはマリオットホテルに隣接しているリゾートワールドマニラ(RWM)内のカジノへ。

カジノ内部へ入っていき、
スロットマシンやカードゲーム、ビンゴ、ルーレットコーナーを下見して、
ちょっと遊んでみようかなと思ったときに、さてどうしたらいいのか分からない。

何を隠そう私、
カジノの経験はラスベガスとマカオにちょっと行ってみた程度。

もちろんリゾートワールドマニラやオカダマニラのような巨大カジノリゾートは初めて。

そんな初心者でも無事にブラックジャックで遊ぶ事ができましたので、
マニラでのカジノの始め方を【リゾートワールドマニラ】と【オカダマニラ】の2つの施設でお伝えします。

スポンサーリンク

初心者でも分かるカジノの始め方

実際にカジノに行き、最初どうすればいいのか何も分かりませんでした。

でもせっかくマニラに来たのであればカジノでちょっと遊んでみたいです。
初心者にもわかりやすくカジノの始め方を紹介します。

リゾートワールドマニラ( Resorts World Manila)のカジノ

リゾートワールドマニラ カジノ

ニノイ・アキノ国際空港の第3ターミナル前にリゾートワールドマニラ(以下RWM)があります。

空港近くなので、出発前にちょっと立ち寄る事もできますね。
現金がなくても大丈夫。カジノへ入る前にATMがいくつかあります

まずはメンバーシップカードを作る

リゾートワールドマニラ カジノ

セキュリティチェックを受けてカジノへ入り、
バーとビンゴがある中央エリアへ。

メンバーシップカードを作る為のカウンターが見えてくるので向かいましょう。

カウンターはいくつか受付が分かれており、
一番右端NEWと表示があるところが初めてメンバーシップカードを発行する列です。

まずはパスポートを提示して、
渡された用紙に名前や住所や職業などをローマ字で記載します。

メンバーシップカードは写真付きなので、その場で写真をとられます。
そしてカードの裏にサインします。
(日本語でサインしました)

Classicと表示された赤いカードとRWMの地図や特典がついた冊子のセットをもらいます。

みな豚
みな豚

特典にはレストランの割引チケットがついているよ。
RWMにはウルフギャングもあるので、食事の予定があれば

嬉しい入会特典だね!

他にもグッズをもらいました。

リゾートワールドマニラ カジノ

入会特典でもらったガラス製の水筒です。
ガラス製なので重量感もあり安っぽい感じはないです。
お土産のひとつに。

入会特典でスロット体験

入会特典で300クレジット(約600円)もらえます。
お得ですね!
こちらのクレジットはスロットマシーンでしか使えません。

適当なスロットマシンを選んだら、
メンバーズカードを挿入してみましょう。

PINコードの入力画面になります→最初のPINコードは123なので1234と入力します。
それを自分の好きな4桁のコード(暗証番号)に変更しましょう。

スロットマシンのクレジットの数字を見ると300と表示されています。
タッチ画面を押すと選択画面が出てくるので、チェックアウトを押すとカードが出てきます。

それでは自分のやりたいスロットマシンを選びましょう。
カードを挿入して300クレジットの表示が出なければ、特典対象外のマシンです。

実際にスロットマシンで遊んでみました。
絵柄がそろえばボーナスがもらえます。
スロットはちょっぴり当たりが出て増えておお?っと思う事が二回程。
でもものの五分で終わりました。

まぁ記念カジノと言う感じですね。

ブラックジャックで遊ぶ

ブラックジャックをやってみました。

ブラックジャックの台は最低掛け金が500PHP~と1,000PHP~の台に分かれています。
(台ごとに最低掛け金が表示されています)

台に座りブラックジャックの親にメンバーズカードと現金を渡すとチップ(カジノでよく見るコイン)に交換してくれました。
最低掛け金が500PHP〜の台で遊んだので500と1,000のチップに交換しました。

ブラックジャックの遊び方や内容は割愛します。

ブラックジャックは1台で7人プレイする事が出来ます。
たまたまかもしれませんが、端は同行者が座れる席が有りました。

さてさてブラックジャックの結果は??
5000PHPで遊んで一時間もかからずに資金が尽きました(笑)
はい、2回とも。ちーん。

RWMのカジノの様子

今回RWMでプレイしたのは昼間や夕方の時間帯でした。
カジノ的にはピーク前の時間帯でしょうか。

ビンゴのエリアは欧米のリタイヤした世代の方でかなり賑わっていました。
しかも皆さん手慣れた手つきでビンゴを楽しんでいたので常連さんなんでしょうね。
ビンゴに夢中になっていました。

カジノ内はかなりタバコ臭いです。
皆さんタバコを吸いながらプレイしています。

カードゲームは昼過ぎは無人の台がちらほら有りましたが、
時間と共に混みあってきました。
スタッフの人数だけはいつの時間帯も多いです。

ブラックジャックをプレイしたのは1時間程度を2回でしたが、
ドリンクサービスはありませんでした。
台の下には冷蔵庫があるようで、言えばペットボトルの水をもらえます。

またお腹が空いても大丈夫。
カジノエリア内にはピザや中華、洋食などカジノエリアから出ずに食事ができる場所があります。

リゾートワールドマニラへのアクセス

無料のシャトルバスが出ています。
乗車にはメンバーズカードが必要となります。

シャトルバスサービスはRWM公式サイトで確認できます。

空港から歩いて行ける

ニノイ・アキノ国際空港の第3ターミナル上階からは陸橋でつながっていて歩いていけます。

ちなみに私はフィリピン航空だったのでニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルに到着しました。
道路を一つだけ渡るとRWMの赤いシャトルバス乗り場を発見!

20分程ベンチに座って待っているとバスの運転手さんが現れました。
「マリオットホテル」と伝えてシャトルバスに乗りホテルへチェックイン。
そしてカジノへは歩いて行きました。
空港からのシャトルバスはメンバーズカードの提示は必要ありませんでした。

カジノの注意点

リゾートワールドマニラ カジノ

タバコを吸いながらプレイしている人が多いので、カジノエリアへ入るとタバコ臭いです。

カメラ撮影が禁止などのいくつかの禁止事項があります。

カジノ内禁止事項
  • 21歳以下
  • 銃やナイフの携帯
  • アルコール飲料
  • サングラス
  • 電子タバコ
  • 違法薬物
  • マスク
  • カメラ撮影・動画撮影
  • ペット
  • バックパック
  • 男性のノースリーブ
  • ノートパソコン、タブレット
  • トランプ

オカダマニラのカジノ

日本人がオーナーのオカダマニラ。
カジノは広いです。豪華そして綺麗ですね。

RWMのカジノよりも圧倒的に日本人が多いです。

リワーズカード

オカダマニラ メンバーズカード

まずはリワーズカード(会員カード)を作成します。

カジノエリア内にMenbersip&Rewardsと書かれたカウンターがあります。
新規(NEW)の受付へ向かいパスポートを提示します。
渡された用紙に名前や住所等をローマ字で記載しましょう。

RWMで苦労した4桁のPINコードでしたが、
こちらではカウンターで好きな暗唱番号を入力するように言われました。

オカダマニラのメンバーシップカードは RWMのカジノと違い写真付きではありません。
でもこちらでも写真を取られます。

ちなみに撮った写真はブラックジャックなどのゲームのカジノ側の管理モニターで表示されていました。

ブラックジャックで遊ぶ

凝りもせずブラックジャックで遊びました。
カジノエリアの真ん中ではバンドが生演奏をしています。
BGMもゴージャスですね。

ブラックジャックの台は最低掛け金が500PHP~と1,000PHP~の台に分かれていました。
プレイした500PHP~台には日本人もいました。

さてさて、三度目の正直?、1度あれば3度ある?
ブラックジャックの結果は?
5,000PHPがまた1時間も経たずに消えました。
RWMのブラックジャックと合わせると15,000PHP。ちーん。

そろそろ潮時かなと帰り支度を始めると、
「私の財布に残っている5,000PHPを差し出せ!」と言われました。
そう、遊んでいるのはみなと家族です。

みな豚
みな豚

Grab(クレカ払い)で帰るからいいけど、
この時点でPHPの現金がスッカラカン状態になりました。

身ぐるみ剥がされた私はカジノエリアから抜け出して、
2回目の噴水ショーへ向かいました。
(噴水ショーは無料です)
1番前でショーを見ていたら風で飛んでくる水でずぶ濡れになりました。

ショーも終わり「そろそろチップもスッカラカンになってる頃かな〜」
と思いながら家族が遊ぶブラックジャックの台へ戻ります。

みな豚
みな豚

あれチップが減ってない。いや増えてる!!

私がじーっとブラックジャックを見つめていると
『他の所で遊んできていいよ』と家族はいいます。
要するに私が負のオーラを出しているので『あっちへ行け』という事のようです。

私が離れて今までの負けを取り戻せるのなら、どうぞ、どうぞ。
オカダマニラをぷらぷらと彷徨う事になりました。

ルーレットを見たり生演奏を聴いたりして時間をつぶし、
たまに台を覗きに行くとまたまたチップが増えています。

どうやら本当に私は勝負事への負のオーラが出ていたようです(笑)
みなと家族もめっちゃ楽しそうにブラックジャックをしています。

そこそこチップ増えたんじゃない?とこっそり確認した後、
待ち疲れたので帰ろうと提案し換金しました。

カジノには換金エリアがあり、チップを渡すと現金に交換してくれます。
(ペソでも日本円でも交換してくれます)

さてブラックジャックでどの位勝ったのでしょうか。
RWMで消えた10,000PHPや今回の5,000PHPを差し引いても、
10,000PHPのプラスでブラックジャックを終える事ができました

現金スッカラカン状態からちょっと余裕ができました。
明日はグリーンヒルズに真珠でも買いに行こうかしら?(笑)

オカダマニラカジノの様子

さすが、日本人がオーナのカジノリゾート。
他のカジノよりも案内板などに日本語表示が多いです。

タバコを吸いながらプレイしている人がいるのでタバコ臭いのですが、
空間が広すぎるせいかRWMよりもタバコのにおいはマシでした。

カジノプレイヤーの食事ブースの近く(ペッパーランチもあります)には禁煙のスロットマシンのエリアがありました。

ブラックジャックをしていると、わりと頻繁にドリンクを運んできてくれる印象。

ドリンクはレモネードが美味しかったです。
アイスティーは甘い!

迷える子羊君
迷える子羊君

甘〜いドリンクはカジノで疲れた脳に糖分を与えて、
長く遊んでもらうカジノ側の作戦に違いありません(笑)

ビールやミルク(氷入り)も配っていました
ペットボトルのお水は台の脇においてあります。

オカダマニラへは噴水ショーがある夜に2回行きました。
カジノ中央では生演奏があり、かなり賑わっていました。
ブラックジャックの台も日本人が多かったです。

ちなみにルーレットは200PHPから遊べます

オカダマニラは噴水ショーやレストラン、ショッピングのお店が多いので、
同行者でカジノ組と遊ばない組と別れてもお互い楽しめるリゾート施設です。

オカダマニラへのアクセス

無料のシャトルバスがでています。
詳しくはオカダマニラ公式サイトで確認できます。


私はGrabで移動しました。安いし何より楽ですね。

カジノは自己責任で楽しく遊びましょう!
『【ワールドリゾートマニラ】カジノの始めかた【オカダマニラ】』

さつまおごじょの”みなと”でした。ありがとさげもした。

サンオーガスチン教会 マニラ
サンオーガスチン教会
マニラから車で1時間半のタガイタイ&世界遺産のサンオーガスチン教会を巡るマニラ市内はオプショナル観光ツアーで♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました