SPGアメックスを持てばゴールドエリートに!39000ポイントもらえるお得な入会はコチラ

【屋久島】魚と鹿児島郷土料理を堪能!ホテルオーベルジュ

トビウオグルメ

高速船トッピーの安房港についたらスグ!
そんな立地のいい場所にあるホテルオーベルジュ。

私が屋久島登山の際に何度かお世話になっている宿です。

魚が旨い!料理自慢の宿と謳われているとおり、
屋久島で水揚げされた新鮮な魚を味わえます。

もちろん、かごんま料理もありますよー。

今回は屋久島の安房にある、
ホテルオーベルジュに宿泊した様子をレビューします。

スポンサーリンク

ホテルオーベルジュ

高速船のトッピーで安房港に着き、
高速船の駐車場をちょっと歩くとホテルが見えてきます。

水色の外観をした3階建てのホテルです。

お部屋はいたって普通
1泊2名で食事がついて1人1万円程度の田舎のビジネスホテルです。
(都会の洗練されたビジネスホテルとは違います)

なので今回は自慢のお食事にフォーカスをあてていきましょう。

ちなみにホテルにはエレベーターはありません。
3階の部屋になると階段を上がらなくてはいけません。

宮之浦岳の登山後はゆっくりとゆっくりと階段を上がっています(笑)

食事

登山後の一番のお楽しみ。夕食のお時間です。

毎回登山で宿泊の為、
ホテルオーベルジュでいただくのは夕食のみ。

屋久島で水揚げされた新鮮なお魚、採れたての島野菜。
島のおばちゃん達が何十年も煮炊きしてきた”おふくろの味”です。

もちろん鹿児島の郷土料理もあります。

そして連泊の場合は食事内容が変わります。
今までの経験からすると1泊だけの場合は名物の『トビウオの姿揚げ』が出ます。

迷える子羊君
迷える子羊君

ちなみにオーベルジュとは”郷土料理を提供するレストラン付きのホテル”を意味するフランス語です。

オーベルジュ1泊目

1泊目の夕食です。
予め決めた食事の時間に1階の食事処へ。

席が用意されています。

ごまサバ 刺身
ごまサバのお刺身

ごまサバとカンパチのお造りです。
新鮮で美味しい♪

そして小鉢にはモヤシのナムル。

肉じゃが
肉じゃが

肉じゃがです。
鹿児島はしょうゆが甘いので煮物も甘めです。
美味しいですよ。

天ぷら
天ぷら

天ぷらです。
ちゃんと揚げたてでサクサク。

鹿
ジビエ料理で鹿のお肉

ジビエ料理が出ました。
シカ肉です。

実は鹿を食べるのは初めてでドキドキ。
臭みもなく、普通にお肉の味でした。

そうめん すまし汁
そうめんのすまし汁

最後にお麩とそうめんのすまし汁です。

一緒にお漬物とご飯も出てきます。
実はご飯も美味しいです。島の豊富な天然水で炊きあげているのだとか。

オーベルジュ2泊目

2日目の夕食です。

カマ
魚のカマ

かんぱちのカマ焼きです。
ほどよく脂がのっていて美味しいところですね。

2泊目は先にご飯を持ってきてもらいました。
カマ焼きはご飯と一緒でないと!

刺身 きびなご
きびなごのお刺身

キビナゴやカンパチなどのお造りです。

きびなごのお刺身は鹿児島の郷土料理ですね。

南蛮漬け
魚の南蛮漬け

お魚の南蛮漬けです。
サッパリといただきます。
ご飯を先にもらったのはナイス判断(笑)

とんこつ
とんこつ

こちらも鹿児島の郷土料理の『とんこつ』です。
骨まで柔らか~くなっています。

トビウオ
トビウオ

きたーフライングフィッシュー。
屋久島の郷土料理といえば「トッピー」ことトビウオです。

屋久島では一年中あらゆるトビウオが水揚げされ、
羽を広げた「姿揚げ」は定番料理となっています。

みな豚
みな豚

季節によっても料理内容は変わります。
2泊ともボリュームもあって美味しかったです♪

屋久島料理も鹿児島料理も味わえて満足です。

オーベルジュへのアクセス・住所

部屋数:10室(ツイン・ダブル・セミダブル・和室・ファミリールーム)

チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00

住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町安房410-165
電話:0997-46-2344

安房バス停より徒歩10分。
安房港から徒歩2分。

駐車場あり(8台、要予約です)

ホテルオーベルジュから登山

冒頭で屋久島登山時に宿泊していると言いましたが、
なかなか登山に適した宿です。

ホテルの宿泊プランにも登山プランが用意されています。

もちろん理由はそれだけではありません。
私が屋久島登山の定宿として選んだポイントをまとめました。

登山にも便利
  • 朝食を登山弁当に変更できる
  • 早朝でもチェックアウトできる
  • バス・トイレ付
  • レンタカーもやっている

実は屋久島登山にも便利

朝食を登山弁当に変更できる

朝食は『お弁当』の朝食プランもありますが、
普通の朝食の場合でもお弁当に変更できます。
また逆もしかり。
お弁当を普通の朝食に変更できるよーと言われました。

変更したい場合はなるべく早めにホテルに相談しましょう。

そして肝心のお弁当ですが、かなり早朝から用意されています。
4時出発でもちゃんと玄関に用意されていました。

ただし、宿のお弁当ではなく登山弁当屋さんのお弁当です。

早朝でもチェックアウトできる

チェックアウト当日に登山。
もちろん登山は早朝出発。
でもそんなに早くチェックアウトに対応しているのか不安になります。
でも大丈夫なんです。

清算さえ前日夜に済ませてしまえば、
翌朝、部屋の鍵を専用ボックスに入れてチェックアウト終了です。

まさにスマートチェックアウト!

バス・トイレ付

縄文杉コースや白谷雲水峡コースなどの登山は早朝出発が基本です。
安房にある宿は民宿も多く、トイレ共同の所も多いです。

身支度を手短に済ませる為には部屋にバス・トイレがあった方が便利です。

レンタカーもやっている

ホテルオーベルジュでは「ニコニコレンタカー屋久島安房店」を併設しています。

宮之浦岳などの淀川登山口まではレンタカーで行くことがほとんどなので、
宿に併設されていれば便利ですね。

レンタカーの料金など詳しくはホテルオーベルジュの公式サイトで確認できます。

今後も屋久島登山へ行くのでお世話になると思います。

魚が美味しい!
『【屋久島】魚や鹿児島料理を堪能!ホテルオーベルジュ』

さつまおごじょの”みなと”でした。ありがとさげもした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました