SPGアメックスを持てばゴールドエリートに!39000ポイントもらえるお得な入会はコチラ

ウィーン~プラハ間をレイルジェットの1等列車で移動!乗車レビュー【2019年】

レイルジェットウィーン

今回はウィーン~プラハ間を移動したレイルジェットの1等列車の様子を紹介します。

ゴールデンウィークにウィーン・プラハ・ブダペストの中央ヨーロッパを旅行しました。
オーストリア・ウィーンからチェコ・プラハへの移動はレイルジェットが便利です。

切符は事前にチェコ鉄道からクレジットカードで購入し、
プリントアウトしたものを持参しました。
座席指定もしています。

レイルジェット(Rail Jet)
  • 所要時間は3時間57分。
  • 座席クラスはビジネス1等2等です。

今回乗車した車両は1等列車の『Quiet Zone』です。

スポンサーリンク

ウィーン~プラハ間のレイルジェット

チェコ鉄道(CD)とオーストリア連邦鉄道(OBB)のサイトで料金を検索したところ、
同じ便なのに値段に違いがありました。
今回はチケット料金が安かったチェコ鉄道から購入しました。

レイルジェットの予約や購入方法は以下の記事で紹介しています。

ウィーン中央駅

ラウンジがある

1等列車の乗客は「OBB Lounge」を利用する事ができます。

「OBB Lounge」の入口はウィーン中央駅の地上階の東口付近(フードコートの近く)にあります。
ウィーンに到着した日にOBBラウンジの場所をチェック!

空港やホテルのラウンジは何度か入った事がありますが、
列車のラウンジのラウンジは初めて。
ちょっと楽しみにしておりました。

だったのですが、
出発当日は快適すぎるホテルから離れがたく(笑)、
また美味しいチョコを買い求めに駅地下のスーパーに時間を割いてしまい、
OBBラウンジは利用しませんでした。
ちょっと心残りです。

みな豚
みな豚

ウィーン中央駅の地下階には、
大型スーパーのSPARが入っています。

ちなみにここのSPARは”Lindt(リンツ)”のチョコがブダペストやチェコと比べて安かったです。

レイルジェット(RailJet)に乗車

1等列車の座席

2等列車が4列(2-2)シートに対し、
1等列車は3列(2-1)シートで楽々広々です。
車両の真ん中あたりにスーツケース置き場がありました。

レイルジェット プラハ ウィーン
レイルジェットの1等座席

通路も広々ですね。

小さなスーツケースなら座席の上の棚にも置けます。

レイルジェット プラハ ウィーン
レイルジェットの一人席

一人席は気楽でいいですね。
ゆったりとしたシートで足元も広々。

車内販売があります。

(写真をクリックすると大きなメニューが表示されます)

食堂車

すぐ近くに食堂車があり注文をとってくれます。
列車が走り出してしばらくすると乗務員さんがペットボトルのお水(無料)を配っていました。

食堂車の様子です。

食堂車で食べてみるのも楽しそうですが、
今回はホテルの朝食ビュッフェで満腹でした。
今回は写真だけ。

あ、スイーツは別腹です。
昨日ホテルでもらったインペリアルトルテをいただきます。

レイルジェットで食べるウィーンの高級スイーツは格別の味でした。

レイルジェットの速度

各車両の座席上にモニターがあり、
レイルジェットの速度が表示されます。

ふと画面を見るとレイルジェットの速度がでています
  • 59km/h
    あれ、これ高速鉄道だよね?

    普通に自動車並みの速度です。しかも一般道路。

    これで時間通りにプラハに着くのかな?

  • 102km/h
    少し本気を出してきました

    高速道路並みになってきました。

  • 155km/h
    やる気スイッチが入りました!

    車窓の景色も高速で変わっていきます。

  • 160km/h
    ついに本気きたー

    時速160kmきたー!

    無事にプラハに着きました。
    10分程度の遅れでした。

プラハ駅

都会的なウィーン中央駅よりもちょっと地元感を感じるプラハ駅。

思ったより広いです。
ショップやコンビニなどもたくさんあります。

移動手段が公共の交通機関派の私がプラハ駅でやるべき事は一つ!

駅構内でプラハの公共交通機関の24時間券(一日乗車券)を日数×人数分購入しました。
有人カウンターと自動券売機がありクレジットカードも利用可能でした。

レイルジェットの1等列車に乗車して

今回の旅行でレイルジェットの2等列車(ブダペスト~ウィーン間)と、
1等列車(ウィーン~プラハ間)の両方へ乗車しましたが、
やはり1等列車は座席が広く快適でした。

ちなみにブダペスト~ウィーン間は車体が赤いオーストリア鉄道の車両で、
今回のウィーン~プラハ間が車体が青いチェコ鉄道の列車でした。

運営がチェコ鉄道の列車だったからなのか?
コーヒーは€2位で安かったです。

1等列車の車窓からの景色を楽しみながらエスプレッソを飲むのも優雅でいいかもしれません。

また今回はQuiet Zoneの列車を予約しました。

Quiet Zoneの列車は会話もダメなのかと思いきや、
皆普通に隣の座席どうしでおしゃべりしています。

ただグループで大声で話したり、
携帯で長電話をしたりという状況はありませんでした。

総じて静かな状況での列車移動でしたので、
またしても寝てしまいました

そして大事なのは座席指定

観光シーズンに入った影響もあるのか、
列車の座席は殆ど予約で指定された状況でした。

スーツケースを運びながら空いている座席を探すのは大変そうでしたので、
座席指定をおすすめします。

レイルジェット、ブタペスト~ウィーン間の2等列車の移動は以下の記事で紹介しています。

1等列車は快適でした!
『ウィーン~プラハ間をレイルジェットの1等列車で移動!乗車レビュー【2019年】』

さつまおごじょの”みなと”でした。ありがとさげもした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました