SPGアメックスを持てばゴールドエリートに!39000ポイントもらえるお得な入会はコチラ

アジアマイルで人生で初めてのキャッセイ・ビジネスクラス搭乗記:往路

ビジネスクラス キャッセイ搭乗記

今回はようやく『鹿児島からマイルで出発します』のブログの名前のとおり、ためたマイルの特典航空券で人生で初めてのキャッセイビジネスクラスに乗りバンコクへ旅行した時の話です。(2018年お盆・往路編)
アジアマイルで特典航空券がとれた瞬間から初めてのビジネスクラスの旅行を想像して、夢が膨らんでいました。

スポンサーリンク

特典航空券でキャッセイビジネスクラス

福岡⇔バンコク
  • 往路
    KA 381

    福岡→香港
    キャッセイドラゴン航空・ビジネスクラス

  • 往路
    CX 617

    香港→バンコク
    キャッセイパシフィック航空・ビジネスクラス

  • 復路
    CX 750

    バンコク→香港
    キャッセイパシフィック航空・ビジネスクラス

  • 復路
    KA 380

    香港→福岡
    キャッセイドラゴン航空・ビジネスクラス

貯めたマイルはアジアマイル

キャッセイパシフィック航空はJALと同じワンワールドです。そのためJALのマイルをためるとキャッセイパシフィック航空の特典航空券をとる事ができます。

しかし今回ためたマイルはキャッセイパシフィック航空のアジアマイルです。

どのようにしてマイルを貯めたか

  • キャッセイパシフィック(Cathay Pacific)航空のクレジットカードを発行した時の入会ボーナスマイル
  • 上記クレジットカード利用で貯めたマイル
  • キャッセイ(ドラゴン・パシフィック)航空でイタリア・ローマへ旅行した時のマイル
  • ワンワールドのJALに搭乗した時にアジアマイルで加算

クレジットカードを発行した時の入会ボーナスマイル特典がとてもありがたかったです。

ビジネスクラスの特典航空券を取得

アジアマイルへ電話してお盆のハイシーズンにビジネスクラスの特典航空券を発券する事ができました。
予約したのは、330日位前の2017年9月です。
気になる電話での言語ですが、日本語が選べたので日本語です。デスクの方は日本人ではなかったです。

アジアマイルの公式サイト(日本語のページなのでありがたいですね)

サーチャージなどは別途お金かかりますが、お盆のハイシーズンに特典航空券がとれました。
しかも人生初のビジネスクラスです。小躍りしますね(笑)

ビジネスクラスでラウンジ三昧

ビジネスクラスの楽しみと言えば、機内食もそうですが、ラウンジでの食事も楽しみです。
え?福岡空港?

ラウンジ福岡

いつものラウンジ福岡です。
カレーと焼きそばが定番ですね。

そしてキャッセイパシフィック航空の本拠地である香港のラウンジ。
実はビジネスクラスのラウンジは4つあります。本当は全部のラウンジに行ってみたかったのですが、乗り継ぎ時間が2時間だったので、『ザ・ピア』のラウンジへ行きました。

いつもはエコノミークラスでスカイチーム航空会社搭乗時にエリートプラス特典でラウンジを利用しています。
今回はビジネスクラスだったので、なんとなくいつもより堂々とラウンジを利用できました(笑)

ビジネスクラスの服装

人生で初めてのビジネスクラスです。な、なにを着たらいいのでしょうか。
鹿児島人の田舎者は悩みます。
アレコレ考えて、いつもよりちょっぴり良い服で旅行にも適した服を着ていきました。

搭乗前にビジネスクラスや上級会員の優先レーンへ並びます。

いつもはエコノミークラスなのであまり気にはしませんが、やっぱり今回はビジネスクラスに並んでいる方の服装をチェックしてしまいました。
なぜだか男性も女性も皆さんお金持ちに見えてきます。
ラフでゆったりとした恰好でも、素材の質がよさそうな服を着ている方や、素敵な靴を履いている方が多いですね。

優先搭乗

ビジネスクラス キャッセイ

今回のキャッセイドラゴンはタラップで移動です。人生で初めてのビジネスクラスへ登場する瞬間です。

胸が高鳴る瞬間ですが、ボーディングブリッジ移動じゃないので、真夏は暑いですね。

ビジネスクラス キャッセイ

キャッセイドラゴンのビジネスクラスの座席。足元に荷物を置くスペースもあり座席は広いです。
座席を倒しても後ろの座席に影響がないタイプのリクライニング機能でした。
勝手に倒し放題!

優先搭乗だけでいうと、スカイチームエリートプラスの特典で何度か経験があるのですが、ぶっちゃけエコノミー席に早く座れるだけです。(雑誌や新聞はゲットできます)
今回はビジネスクラス。早く搭乗した後は、ゆったりとした席でシャンパンが待っていました。

窓側の席でシャンパンを飲みながら、他のエコノミークラスの方が搭乗するのを眺める時間。
ビジネスクラスの贅沢な時間に感じました。

ビジネスクラスの食事

一番のお楽しみの時間です。ビジネスクラスの機内食、待ってました!

機内用テーブルにナプキンがかけられています。
それだけでテンションがあがってしまう私。

ビジネスクラス キャッセイ

前菜とお蕎麦とサラダをシャンパンと一緒に。
お皿もちゃんとした陶器です。プラスチックではありません。やはりエコノミークラスと全然違いますね。
塩、コショウの小瓶もかわいらしい。

メインは選べます。夢中で食べてしまい満腹になりました。(ラウンジ福岡の焼きそばが余計だったかも)
デザートはハーゲンダッツのアイスクリームです。

約3時間半の幸せなフライトが終わり、飛行機は無事、香港国際空港へ到着しました。

キャッセイパシフィックのビジネスクラス

初めてのキャッセイドラゴン航空のビジネスクラスのフライトが終わり、大満足&満腹で香港へ着きました。
本拠地である香港のキャッセイラウンジ『ザ・ピア』のヌードルバーでさらに担々麺を食べてお腹がはちきれそうです。

ザ・ピア 香港 ラウンジ

福岡から香港に到着して約2時間の乗り継ぎ時間の後、いよいよです。
キャッセイドラゴンではなく、香港フラッグシップのキャッセイパシフィック航空のビジネスクラスに搭乗

期待が膨らみます。
優先搭乗のあとにシャンパンをいただいて。
また優雅なビジネスクラスの食事を味わえます。

、、、、のはずが、全く記憶がありません。ハーゲンダッツすら食べていません。
気が付いたらバンコクに着陸態勢でした。

えええええ。

深夜にあっという間にバンコクへ到着しました。満腹って恐ろしい。
あとやはりエコノミークラスより座席も快適で、後ろへぐいっと座席を倒したり足元をあげたりしてリクライニングで快適に眠れます。
睡魔の罠にかかりました。

バンコクの空港でもイミグレ優先レーン

ビジネスクラスの搭乗者は優先のチケットが渡され、イミグレも優先ゾーンで通常より早く通過できました。
深夜だったのでこれは有難い。
そして預けたスーツケースもちゃんと優先で早く出てきました。

バンコクでは深夜1時ごろですが、日本時間だとかなり遅い時間です。クタクタ。
公共交通機関は運航していない時間なのでタクシーでホテルへ向かいます。
メーターにカバーがかけられたタクシーで深夜マリオットホテルへ。

ビジネスクラスに搭乗してみて

アジアマイル特典航空券での人生で初めてのビジネスクラスフライトが終わりました。ほんとうに夢のような時間でした。

このフライトの時には、まさか自分がブログを始めるとは思ってもみなかったので、ちゃんとした写真も記録もありません。
でもやはり人生で初めてのビジネスクラス搭乗記が書けるのは一度だけ(当たり前ですが)なので、2018年8月お盆シーズンのフライトでしたが、備忘録としてブログに残す事にしました。

美味しいと評判のクロワッサンも高級食パンもレストランも何でも最初が一番美味しいです。
初めて食べる感動が美味しさを倍増してくれます。
2回目は既知の味で、もちろん美味しいのですが、なんとなく最初ほどの美味しさを感じません。
これはビジネスクラスも同じのような気がします。
航空会社やフライト時間は異なれど、ビジネスクラスで最初に味わう感動は1度だけ。
次回ビジネスクラスに乗る旅ではどのように感じるのでしょうか。

復路編へ続くよ。
『アジアマイルで人生で初めてのキャッセイ・ビジネスクラス搭乗記:往路』

さつまおごじょの”みなと”でした。ありがとさげもした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました