SPGアメックスを持てばゴールドエリートに!39000ポイントもらえるお得な入会はコチラ

観光客でも登れるの?大浪池のコバルトブルー【霧島観光】

韓国岳と大浪池鹿児島

鹿児島の人気の温泉地である霧島温泉郷。

霧島には大浪池、韓国岳、高千穂峰と雄大な山々を有しています。
その中でも大浪池は観光客でも登りやすい山です。

実際によく観光客が登っているのを見かけます。
比較的登りやすい登山道30〜40分程度で登れるのも人気の理由です。

登山の注意点とあわせて大浪池をご紹介します。

スポンサーリンク

大浪池(おおなみのいけ)

所要時間、登山ルートは?

登り:約40
下り:約30

足腰に自信のある方はもっと早く登れます。

大浪池登山ルートはヤマケイオンラインの公式サイトで確認できます。

子供でも誰でも登れる?

大浪池 登山道
石畳が続きます

大浪池までの登山道は石段が整備されており、比較的歩きやすいです。

初めての登山や子供連れの登山にオススメのコースです。

幼稚園位の子供さんが懸命登っているのをよく見かけます。
応援したくなりますね!

心配な方は鹿児島市の城山展望台へまずは登ってみましょう。

服装は?

基本的には動きやすい服装であれば大丈夫です。
日焼けや虫対策で帽子や肌の出ていない服装だとよりベターです。

でも靴だけは運動靴を履きましょう。

ヒールの靴、サンダルNG

石畳で比較的歩きやすいですが、
苔や落ち葉で滑って転ぶと危険です。

石畳は苔も生えています。
雨で地面が濡れている場合かなり滑ります。

ちなみに高千穂峰の登山はきちんとした装備が必要です。

大浪池登山

まずは大浪池登山口へ

大浪池 登山口
大浪の池を目指してここからスタート!

大浪池登山口駐車場

大浪池登山口のすぐ近くにある駐車場は無料で利用できます。
ただ駐車台数は限られています。20台位程。

特に土日はすぐに満車となります。
満車の場合はえびの高原駐車場(500円)を利用し、
霧島連山周遊バスで登山口にアクセスもできます。
(バスの本数はかなり少ないです)

霧島連山周遊バスの時刻表は霧島市の公式サイトで確認できます。

大浪池登山口駐車場にトイレがあります。
忘れずに済ませておきましょう。

大浪池

大浪池 
大浪池のコバルトブルー

標高:1,411m

花の時期:マンサク(3月中旬~4月上旬)、ミヤマキリシマ(5~6月初旬)
紅葉の時期:10月下旬~11月上旬

池の周囲を約2時間で一周できる遊歩道もあります。

大浪池までの道なり

大浪池を目指して
  • 出発
    大浪池登山口
    大浪池 登山口
    大浪の池を目指してここからスタート!

    軽く準備運動をして、登山届を記入したらスタート!

  • 序盤
    石畳の登山道
    大浪池 登山道
    緑豊かな登山道

    石畳の登山道は比較的登りやすいコースとなっています。

    逆に雨の日は石畳で超絶滑りますのでご注意を。

  • 中盤
    水分補給も忘れずに
    大浪池 登山道
    夏でも木陰になっているのは嬉しいですね

    夏でも木陰になっているので涼しく登れます。

  • 終盤
    あと少しです
    大浪池 登山道
    石畳が続きます

    大き目の石段になったら、後少しです。
    頑張りましょう。

    大浪池 休憩所
    大浪池の休憩所

    休憩所が見えてきました。
    2020年8月現在ではまだ建設途中で利用できませんでした。

    トイレが見えますが、携帯トイレブースとなります。

  • 山頂
    コバルトブルーの大浪池
    大浪池 山頂
    山頂へつきました

    大浪池へ着きました。
    お疲れ様です!

    キャンプテーブルがあるので絶景を眺めながら昼食をどうぞ。

    大浪池 
    大浪池のコバルトブルー

    晴れた日はコバルトブルーが美しいですね。

登山の注意点

大浪池登山の注意点
  • 登山届を提出しましょう。
  • 山頂には自動販売機はありません。
    ペットボトルなどの水分を準備しましょう。
  • 天候や火山情報に留意しましょう。
  • 山頂は携帯トイレブースしかありません。
    大浪池登山口駐車場にあるトイレを利用しましょう。

通行可能な登山道の状況(最新情報)は鹿児島県の公式サイトで確認しましょう。

夏の時期は虫よけ対策も忘れずに。

登山後は是非美味しい黒豚をどうぞ。

私の初めての登山は大浪池でした。
それまで全く運動をしていなかったので、
往復1時間の道のりがきつかったです。

みな豚
みな豚

翌日はもちろん筋肉痛で苦しみました(笑)

今は1年中登山をしているので、
真夏のコバルトブルーの大浪池から真冬の凍った大浪池まで目にしています。

何年も登っているのですが、
なぜか紅葉真っ盛りの大浪池は未だに出会えていません。
今から秋の紅葉シーズンを楽しみにしています。

天気に恵まれますように!
『観光客でも登れるの?大浪池のコバルトブルー【霧島観光】』

さつまおごじょの”みなと”でした。ありがとさげもした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました